琉球大学ロゴ

琉球大学大学院地域共創研究科

MENU

GRADUATE SCHOOL研究科について

研究科についてのイメージ画像

言語表象プログラム

「人間主体の表現と論理的かつ円滑なコミュニケーションの実践に関する課題」に対応するために、現代の地域社会及びグローバル社会の直面する言語・思想・文化に関わる課題を俯瞰的に理解し、地域が今日直面する課題を解決するための具体的な方法を、人間存在に備わる普遍性の理解と高度な言語運用能力に裏打ちされたコミュニケーションに関する学識から究明し、その解決に向けて主体的に思考し、行動できる実践力を有する人材を養成します。 「人間学科目群」「超域文化表象科目群」「言語コミュニケーション科目群」の 3 つの科目群からの専門科目の体系的な履修によって、「人間の言語・思想・文化およびその表象を通して人間存在に備わる普遍性を理解し、深い人間理解と高度な言語運用能力に裏打ちされたコミュニケーションの知識・技能」と、これに基づいて「地域社会とグローバル社会を結ぶ言語・思想・文化的コミュニケーションを構想し実践する能力」を修得します。

本プログラムでは、「人間主体の表現と論理的かつ円滑なコミュニケーションの実践に関する課題」の解決に貢献できる人材を養成することを目指し、次のような人物を求めます。


知識・技能、関心・意欲

人間学、超域文化表象論又は言語コミュニケーション論の学問について一定の知識があり、入学後は専門分野を中心に総合的かつグローバルな視点をもって研究を進め、主に言語・思想・文化に関わる課題解決の観点から持続可能な社会の形成に主体的に貢献する意欲を有する人


思考力・判断力・表現力等の能力

諸情報を的確に把握して課題を抽出し、論理的思考力と適切な判断力に基づいて課題を解決するアイディアを創出でき、それを論理的かつわかりやすく表現する能力を有する人


主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

自らの関心を大切にしつつも多様な考え方を受容する理知的な寛容さがあり、多様な領域・専門の人々と協働しながら、言語・思想・文化とコミュニケーションの課題解決に主体的に取り組める人


プログラムの概要

言語表象プログラムの修士論文コースの単位一覧表
言語表象プログラムの特定課題コースの単位一覧表

専門科目について、学生は指導教員による修学指導を受けながら、各科目群等から受講すべき科目を選択します。

取得可能な資格


  • 中学校教諭専修免許状 国語・社会・保健体育・英語
  • 高等学校教諭専修免許状 国語・地理歴史、保健体育、英語
  • 臨床心理士受験資格
  • 公認心理師受験資格

教員一覧

研究指導・科目担当教員

科目担当教員